英語を話せて良かったと感じる瞬間

英語を話せて良かったと感じる瞬間

英語を話せるようになったら、多くの人が「話せるようになって良かった」と感じる場面があると思います。

どんな時に感じるのか具体的な例をみていきたいと思います。

Piece of cake
完全無料の
無料体験を受講する!

困っている人を助けることができた時

皆さんも1度ぐらいは外国人の人に道を聞かれた経験ってがあるんじゃないでしょうか。

急に質問されても上手く答えることができなかったり、間違えて伝えてしまったり、なかなか思うようなコミュニケーションって取れないですよね。

私は英語を話せるようになったおかげで、日本の複雑な電車の乗り換えについても丁寧に説明することができるようになりました。

そうやって困っている人を助ける事ができたら、自分も気持ち良く1日を過ごすことができますし、日本の人は親切という印象を持ってもらえます。

インプットできる情報が増えた時

英語で得られる情報量は何倍もあると言われていて、日本語訳が無くても海外サイトへアクセスして新鮮な情報を読むことができます。

誰もが必要とする記事なら翻訳されるかもしれませんが、趣味の分野だったり、珍しい分野だと翻訳されないことの方が圧倒的に多いですよね。

例えば好きなアーティストの新作情報やインタビューなども、本人の言葉から意味を瞬時にキャッチしていくこともできます。

沢山の情報に触れられるだけでなく、たくさんの情報を毎日のように見続けることで、英語力も一緒に伸ばせる相乗効果もあるのではないでしょうか。

海外旅行のトラブルに対応できた時

海外旅行に行った際、何もトラブルが起きないことに越したことはありませんが、やっぱりトラブルに遭遇してしまうことはありますよね。

予約していたはずのホテルで部屋が取れていなかったり、タクシー料金を多めに請求されたり、飛行機で荷物が届かなかった場合、英語が話せないと途方に暮れてしまいます

英語を話すことができるようになれば、そういったトラブルが起こっても落ち着いて対応する事ができますよね。

言葉は自分の身を守るために必要なこともあるので、海外旅行に行く時は頼りにされると思います。

字幕無しで洋画を観れた時

これまでは当たり前のように字幕有りで観ていた映画も、俳優さんの英語の意味を理解しながら観ることができるようになります。

日本語への翻訳技術も素晴らしいと思いますが、やっぱり完璧に直訳はできないので、本来の映画のニュアンスと変わってしまうことがあります。

それに字幕を読んでいる間は俳優さんの表情を見ることもできないので、せっかく良い場面だったとしても良さが半減してしまいますよね。

私は初めて字幕無しで洋画を観た時、これまでの映画の見え方と全然変わって感動してしまいました。

映画好きの人はぜひ字幕無しで観てほしいと思います。

日本文化の良さを再認識できた時

日本で生活していると日本文化について考える機会は少ないですが、日本以外の国の方々と交流していく中で、日本について考える機会が増えてきます。

普段は当たり前のようになっていること、海外の人から見ると新鮮で面白いこともたくさんあります。

そういった中で日本文化の素晴らしさや言葉の美しさを再認識できることは、日本を外から見ている人とは話すことができるからだと感じます。

もちろん海外の文化に触れて刺激を受けることもできますし、これまでの世界とは違って見えるようになってくるのではないかと思います。

Piece of cake
完全無料の
無料体験を受講する!
TOPページを見る