株エヴァンジェリストが配信した無料特選銘柄詳しい実績調査!

株初心者がデイトレードを始める前に抑えるべきポイント

そもそも、デイトレードってどんなもの?

クエスチョンマークのオブジェ

株などの取引には月単位でおこなう中期投資やそれより長い期間でおこなう長期投資、1~2週間の間でおこなうスイングトレードなどがあります。デイトレードとは、さらに短期取引の1日で株式や先物取引などを完結させる方法をいいます。具体的にはパソコンで銘柄の値動きを見ながら、その場で売り買いをするのです。通常1つのモニターで銘柄の値動きを監視するのは難しいため、10台以上のモニターを並べて、取引をおこなっている人もいます。

デイトレードを始める前に押さえるべきポイント

デイトレードは基本的には平日の9時から15時まで取引をします。詳しく説明すると、このうち前場が午前9時から11時半まで。11時半から1時間お昼休みがあって後場が12時半から15時となります。取引期間中すべての時間をモニターの前で過ごす人もいれば、前場・後場どちらかだけ取り引きする人もいるようです。ちなみに1日のうちでもっとも値動きが激しいのはオープン直後の9時から10時といわれています。

次にデイトレードは運要素もあり基本的な知識だけで勝負できますが、反面、大きな損失を被るリスクがあります。デイトレードは1日で決済する取引方法で、ギャンブル性やゲーム性が強く経済の知識よりも売り買いの判断にスピードが求められるのです。こうした理由から知識の量が少なくても勝負できますが、大きな損失を被るリスクもあるのです。また、デイトレードは短期間で利益を出したいと思う人が多く、証券会社から現金などを担保に株やお金を借りておこなう信用取引を利用する傾向もあります。これにより、さらに大きな損失をしてしまう可能性がでてくるので、初心者は注意しなければなりません。

最後にデイトレードは心身ともに負担がかかります。デイトレード取引している間は、ずっとパソコンのモニターを凝視していなければなりません。そのため、肉体的に結構な負担がかかるのです。また、モニターを凝視している間は売り買いの取引をしているため精神的にも緊張状態が続きます。1日取引しただけで心身ともに疲れ果ててしまう人もいるようです。前述したように前場・後場だけ取引する方法もあるので、自分に合った取引方法を選ぶとよいでしょう。

デイトレードを始めるなら株エヴァンジェリストがおすすめ!

株エヴァンジェリストでは無料で、まず保有銘柄に関してだけでなく購入を検討中の銘柄についても相談できます。また、朝刊レポート配信としてアナリストが厳選したおすすめ銘柄を紹介してくれ、デイトレードを始めたばかりで、どの銘柄を購入してよいかわからない人にとっては便利です。さらには、最新のマーケット情報やプロのアナリストによる銘柄の分析や展望などを寄り付き前と大引け後に配信してくれます。有料プランでは専用のページでさらに詳しく助言などをしてくれますので、デイトレードを始めるなら株エヴァンジェリストがおすすめです。

アーカイブ